新型コロナウイルスの影響

久しぶりの更新になります。

ついに!

新型コロナウイルス第二派がやってきました。

初回より少し自粛ムードは抑えられてきましたが、

自治体や国が事業所に出社率を減らして70%テレワーク勤務を求める等、製造業や現業系の業種には少し難題を突き付けられてきている感じです。

最近、身の回りでは飲食店が閉店になったり、仕事が減って時間が余り、副業を始めだす人や資格試験の勉強などする人も増えてきました。

さて今回は、厚生労働省が発表した新型コロナウイルスによる随時変更(月変)の特例についてです。

参考URL↓厚生労働省HP

https://www.nenkin.go.jp/oshirase/topics/2020/0625.html

従来から育児休業明けの特例措置はありましたが

今回の特例を見ると3か月を待たず、すぐに保険料改定が可能になるようです。

でこれですが、色々問題があって、、、、。

社会保険料については厚生年金健康保険(介護保険)の二つがあり、基本的に標準報酬月額は一致します。

ただし、今回厚生労働省が急遽打ち出した対策のため、協会健保は対応可能かもしれませんが、健康保険組合では急すぎて対応できない可能性があります。

そうすると健康保険では従来の標準報酬月額のまま、厚生年金では新しい標準報酬月額に。という状態になりかねません。

給与計算する上ではシステム上の標準報酬月額の値を別々に登録して計算すれば計算可能ではありますが、確認事項が増えることも想定できますし、強制でもないので知らない人は損をするといったことも起こるでしょう。

その辺りの問題をどうするのかしっかりと決めた上で実行してほしかったところです。

長くなりましたが、厚生年金はこの9月から最上級の等級が増やされるので可処分所得は減る一方ですね。

今後の日本社会がどうなるのか。心配です。

投稿者プロフィール

m.kamei
m.kamei
プログラムに興味をもったきっかけはFX(外国為替証拠金取引)のEAを作成するための勉強でした。
大学卒業後から事務職(総務)を約10年しています。
無駄な作業(同じことを2回以上入力やコピペを連続で行う、定例で同じ資料を作るなど)にイライラし自動化や効率化ができないか常に考えています。言われた通りに文句なくひたすら作業する人は人生かけて働いているんだなと、ラクしたいという自分とは逆の行動なのである意味尊敬しています。
現在はPythonを勉強中です。(ExcelVBAもそろそろ飽きてきたので)
一緒にやってみたい方や勉強してみたい方、こういうのが欲しいとかあれば、ぜひ問い合わせより連絡お待ちしております。それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です