全ての働く人に提供できるプログラムをつくる

利用するのに費用がかからないものにする

永続的なものでなければならない

過度な営業活動は行わない

使いやすくわかりやすいものをつくる